高額請求

遺品整理とは、故人の思い出が詰まった品物と、ゴミなどの不用品にきちんと分けることをいいます。遺品整理を故人のお子さんなどの被相続人で行うこともありますが、遠方に住んでいたり、品物が多い場合など、専門の遺品整理業者に依頼するケースも少なくありません。

このブログでは、依頼者の故人への「想い」を大切にしてくれる、良い遺品整理業者と出会うために、あえて悪質な遺品整理業者の特徴について書いていきます。

また、遺品整理の費用相場についても解説します。

作業終了後の高額請求

遺品整理業はまだまだ歴史の浅い業界です。費用の相場も「ある」といえばありますし、「ない」といえばないのです。そのため、最初に安い金額を提示し、後から様々な理由をつけて、最終的には当初の2倍から4倍以上の金額を請求されることもあるようです。

遺品整理業者を選ぶ際には、知人などの紹介でもない限りは、インターネットで検索して、業者のホームページをチェックすることになると思われますが、料金設定はあくまでもおおまかな目安として掲載されていることがほとんどです。

業者ごとに違いはありますが、たいていは現場の面積や間取り(1DKなど)ごとの基本料金と、現場で作業するスタッフの人数、不用品などの処分の費用、清掃や交通費が含まれた金額が提示されています。

この金額を基準として、実際に現場を訪問して出した見積もりの金額が、最初の提示となるのですが、作業をしているうちに追加される項目が発生することがまったくないということはありません。

むしろ可能性としては充分にあり得るのですが、見積もりの時点ではそのあたりを曖昧にしたまま、契約を結び、作業終了後に「追加料金」という形で請求してきます。特に建物のリフォームなどを勧めてくる場合は要注意です。