遺品整理の仕事をするための許可

悪質な遺品整理業者に遭わないためには、遺品整理を業務として行うための許可証を取得しているかという点をチェックすることも大切です。大抵は遺品整理業者のホームページで確認することができます。

ただし、許可証がないからといって業務ができないという訳ではありませんし、許可証がない業者のすべてが悪質ということはありません。あくまでも目安のひとつとして考えてもらえると良いかもしれません。

一般廃棄物収集運搬許可証

一般家庭のゴミや不用品を回収できる、市区町村から認定されることで取得できる許可です。許可が得られたエリアのみ不用品の回収ができます。ただし、自治体によっては新規取得の制限をしていることもあり、この許可を取得している業者と提携することで、遺品整理業務を行っている業者も少なくありません。

古物商許可証

リサイクルショップはもちろん、中古車や古本を扱うお店など、中古品の買取をする業者にとって必須の許可証です。都道府県の警察に申請することで取得できます。遺品整理の場合、骨董品や貴金属類などの買取が発生することもあるため、取得しておいた方が依頼者からの信頼度が高まる許可のひとつです。

遺品整理士

社団法人遺品整理士認定協会によって認定される、遺品整理を業務として行うための資格です。法的な拘束力はないことから、この資格を持っていなくても、遺品整理業は可能ですが、取得していることで、遺品整理に対しての一定の知識を持っていることは証明できるようです。

産業廃棄物運搬許可証

企業などから出た産業廃棄物を運んだり、処理することができる許可証です。申請した都道府県からの認定によって取得できます。ただし、一般家庭の不用品に関しては産業廃棄物には当てはまらないため、この許可証では、遺品整理で出た不用品の回収や処理はできません。