GPSを使った浮気調査の手順(ロガータイプ編)

浮気調査でGPSを使うことで、尾行をする手間が省けます。

もちろん、まったく尾行をしないということではなく、闇雲に尾行する時間を節約するという意味です。

GPSを使用してターゲットの行動パターンや位置を把握することで、効率の良い浮気調査に結びつきます。

GPSには、ロガータイプとリアルタイム型の2種類が存在します。ここでは、ロガータイプのGPSを使った浮気調査の手順について解説していきます。

ロガータイプGPSとは?

ロガータイプGPSとは、GPSの機器本体に位置情報を記録していくものです。リアルタイムでの位置情報を得ることはできないのでご注意ください。

ロガータイプGPSは、大手通販サイトなどで3,000円台後半から10,000円前後で販売されています。取り付けと回収を交互に行う必要があるため、ターゲットに見つかるリスクも含まれています。

ロガータイプGPSを使った浮気調査の手順

ロガータイプGPSを使った浮気調査の手順は、次のような流れとなります。

・ターゲットの自動車などにロガータイプGPSを取り付ける
・ターゲットの位置情報をGPSが自動的に記録
・バッテリーの残量を目安として、取り付けた自動車などからGPSを回収
・GPSをパソコンに接続し、位置情報のデータを取り込む
・取り込んだデータの内容を確認する

浮気の現場などの大まかな目星がつくまで、取り付け~回収~データの確認を何度か繰り返します。浮気相手との密会場所の候補が絞り込まれた時点で、本格的な尾行や張り込みに移ることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です