GPS機器を取り付けるコツ①

GPS機器を入手した後は、実際にGPS機器を取り付ける作業に入ります。ここでは、自動車を例にしたGPS機器を取り付けるコツを紹介します。

自動車に適したGPSの取り付け箇所

自動車にGPSを取り付ける際に、以下の箇所が候補となります。

・スペアタイヤの収納位置
・バンパーの下
・エンジンルーム
・トランクルーム
・ダッシュボード
・座席の隙間

スペアタイヤの収納位置

スペアタイヤの収納位置は、マメに点検する人でなければ、比較的GPSを設置しても見つかりにくい箇所と言えるでしょう。

新しいタイヤを購入したり、タイヤがパンクしない限り、確認する機会が少ないためです。

バンパーの下

バンパーの下も、GPSの取り付けに適した箇所です。磁石や強力な粘着力を持つ両面テープを併用することで、GPSが走行中に落下するのを防ぎます。

エンジンルーム

エンジンルームも、GPSを取り付ける箇所の候補となります。ただし、取り付けるポイントを間違えると、事故や故障の原因となるため、慣れていない人には不向きです。

トランクルーム

GPS機器は小型のため、トランクルームに取り付けるのも良いかもしれません。荷物などで上手に隠すことが見つかりにくくするコツと言えるでしょう。

ダッシュボード

GPSの取り付け箇所としては、最も安易な位置と言えます。反対に盲点となる可能性も考えられますが、あまりおすすめできません。

座席の隙間

ダッシュボードと同様、ターゲットに見つかりやすいGPSの取り付け箇所です。他に候補がない場合を除けば、避けた方が無難です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です