GPS機器を取り付けるコツ②

GPS機器を取り付けるコツ①では、自動車へのGPSの取り付け箇所を紹介しました。②では、バイクや自転車、持ち物に入れるコツについて解説します。

GPSのバイクへの取り付け箇所

浮気調査の対象者がバイクでの移動を日常的に行っている場合、GPSをバイクに取り付けることが効果的です。バイクの場合、ステップやタンクの下などの目立ちにくい箇所が良いでしょう。

バイクは自動車などと比べて走行中の振動や揺れが大きい乗り物です。磁石や粘着力の高い両面テープを利用して、GPSが走行中に落下しないように注意してください。

GPSの自転車への取り付け箇所

通勤などに自転車を利用する人もいます。適度な有酸素運動にもなるため、健康的と言えるかもしれません。

自転車にGPSを取り付ける際には、サドルの下が一番無難でしょう。ただし、ロードタイプなどはサドルが小さめのため、見つかりやすいリスクがあります。

GPSをターゲットの持ち物に入れる

GPSを持ち物に入れるのは、徒歩や電車の移動が多いターゲット向きの方法です。カバンなどの奥の方にしのばせるようにするのがコツです。

ただしターゲットに気づかれやすい箇所でもあるため、特に回収の時に注意が必要です。

GPSは浮気調査のスタートライン

浮気調査では、あくまでもGPS捜査はスタートラインです。その後の浮気現場への張り込みや、証拠をつかむための一手段でしかありません。ターゲットへの尾行も併用する必要もあります。探偵に相談しながら進めていくのも良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です